アラムナイ組織、卒業生のキャリアについて

バブソンの卒業生、キャリア関係に関するお話を 主に日本人に絞って以下の順で進めたいと思います。
1.アラムナイ組織について
2.最近の主な卒業生の進路
3.主な卒業生の紹介

1.アラムナイ組織について
(会合)
現在、バブソンの卒業生は、2ヶ月に一度程度の頻度で懇親会・同窓会を開催しております。 最近は、この同窓会を一歩進めて勉強会にしようという動きが出ております。 また、アプリカントの方を招いてのバブソンの情報提供を行ったりしております。
実際、僕も渡米前には、同級生とアラムナイの皆さんの懇親会に参加し、 アラムナイ組織の活発な活動に感動しました。
(ML)
これらは、卒業生・在校生・バブソン関係者をメンバーとするメーリングリスト(ML)を通じて案内されます。 このMLは、こうした会合やイベントの案内だけでなく、 求人情報や新製品に対するプロモーションなど実務的な情報も流されています。
また、在校生と卒業生を結ぶ重要なリンクピンの役割も果たしており、 このMLによって、バブソンのPRなども議論されています。
なお、学校のキャリアセンターのサーバーには 卒業生のデータベースがあり、 誰がどういった会社に就業しているかなどの情報にすばやくアクセスできるようになっております。
2.最近の卒業生の主な進路
先日、バブソンのキャンパスに MBA卒業生の就職支援などをしていらっしゃる方が キャリアカウンセリングのために訪問してくださいました。
そして、その感想として、 「バブソンの皆さんは、全員がそれぞれやりたいことを明確にされていて、 しかもそれが、他の学校と違って、バラバラなのが面白い。」 ということをおっしゃっていました。
確かに、バブソンは「起業家教育」が売りではありますが、 一方では、前回の中村さんのご紹介のように「企業内起業家」の育成という一面もあります。
在校生・卒業生は、自分のゴールをきちんと明確に設定している人が多く、 そのゴールに向けて、それぞれが独自の道を歩んでいます。
なので、案外、就職については、他の学校のトレンドとは異なるようです。 バブソンに限って言えば、皆が独自のキャリアを歩もうとするので トレンドは無いと言っても過言ではない気もします。
なお、ご参考までに最近の私費卒業生の主な進路は以下の通りとなっております。
・外資系日本法人(エンターテイメント)
・投資銀行
・外資系製薬会社
・ベンチャー企業
・起業
ちなみに、卒業後どれくらいの割合で起業するか?というデータは手元にないのですが、 僕の主観的な感想、感覚的には、日本人の場合ですと、 卒業後すぐに起業を考えているのは10%くらい、 卒業後、働きながら、資金をためたり、創業メンバーを集めたりして、 機をみて起業しようとしているのが、さらに20%~30%くらいいるのではないかと思います。 具体的計画はないが、いずれ起業したいというのは、 20%程度いるのではないかと思います。
日本人以外でみると、卒業後すぐに起業を考えているのは20~30%、 機を見て起業しようとしているのが40%~50%くらいいるのではないかと思います。
3.主な卒業生の紹介
Babson Collegeの卒業生を起業というキーワードで探せば 数多くのEntrepreneurを探すことができます。 それは日本人留学生にも例外でなく、多くの日本人卒業生が起業あるいは、 企業内起業家として活躍しています。
有名である、大企業であることが成功であるとは決して思いませんが、 何名かの先輩方は日本を代表する経営者として活躍されています。
中でも代表格として上げられるのは、AEONの岡田元也社長、佐藤製薬の佐藤誠一社長、 TOYOTAの豊田章男副社長という面々でしょう。こうした先輩をはじめ 多くの先輩が後輩に多くのサポートをしています。
特に佐藤製薬はここ数年毎年必ずBabsonからインターン生の受け入れを行っています。

インターンシップ実績

今回は、インターンシップ実績情報です。
Class of 2006ならびに2007は、次のような会社でインターンをしました。 (現在、通学しながら行っているパートタイム・インターンも含む)
○日本
・飲食チェーン(東京・http://www.watami.co.jp/
・ベンチャーキャピタル(京都・http://www.fvc.co.jp/
・外資系コンサルファーム(東京・http://www.mckinsey.co.jp/
・外資系電機メーカー(東京・http://www.gecl.co.jp/
・日本系コンサルファーム(東京・http://www.cdi-japan.co.jp/

○アメリカ・中国
・情報ストレージメーカー(アメリカ・http://www.emc.com/
・ソフトウェア開発ベンチャー(アメリカ・http://vanu.com/index.html
・飲食・医薬(中国・http://www.yst.com.cn/
・医療機器 (アメリカ・http://www.microlinepentax.com/)
・ビジネスサポートベンチャー(アメリカ・http://www.business-cafe.com/1_company/mainsub_bci.htm
・金融(アメリカ・https://www.fidelity.com/

これをみても、バブソン学生の興味の対象が、 バラエティに富んでいることが分かるのではないでしょうか?ちなみに、Class of 2006の私費の日本人在校生は3人なのに、 どうして、こんなに多くの会社が挙がってくるのでしょうか?
それは、冬にもインターンを行った学生や、 夏に複数箇所でインターンをした学生、 そして、現在パートタイムでインターンをしながら 授業を取っている学生がいるからです。 また、企業派遣で来ている学生で、将来、単独で米国企業に派遣されたときに備え、 そして、自社のビジネスドメインと重なっている企業でインターンをした学生もいます。 こうした傾向は、バブソン学生に流れる知的好奇心の高さ、 高い実践志向の現われかもしれません。
よくキャンパスビジットされる方から 「バブソンは起業教育で有名なので、インターン獲得や就職に不利なのでは?」 (つまり、会社側は、起業を目指す人、離職する可能性の高い人を採りたがらないのでは?) という質問を受けますが、僕自身は、あまり心配する必要がないと思いますし、 上記のインターン先の具体例がそのことを保証してくれていると思います。